生理前安全日

危険日と言われる排卵前後は、生理前のおよそ14日前後と言われています。

この為、生理前の安全日は排卵期である12日から19日頃を避けた日と言えます。

もちろん、個人差があるため、一概には言えませんが、安全日は生理前のおよそ1週間程度と考えてよいでしょう。

安全日と言える排卵時期以外だとしても、精子の生存日数を考慮することも忘れずにおきましょう。

平均で2日から3日程度と言われていますが、7日ほどまで生き延びることもあるようです。

安全日とされる生理前の期間は、排卵が終わり、子宮内膜が剥がれ、生理となる段階を指します。

生理前が安全日と言われるのは、この過程中は妊娠の心配が無いからです。

例え、精子が生き残っていたとしても受精することが不可能だからですね。

安全日は生理直前が最も安全日としても可能性が高いですが、生理そのものの日にちを確定することも難しいものなのです。

どうしても生理前後の日数に余裕を見なければいけません。

生理前特に直前が安全日だからといって、安心しないように注意しましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ